忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/27 14:13 |
第六十話のあらすじ
file60「女の敵」
マーニーの住む町では、女性を狙った暴行事件が多発していた。友達の波峰も襲われたことを知ったマーニーは、毛利に頼んでオトリ捜査に参加する。

今回の登場人物
マーニー
ゆりかから暴行事件の犯人をなんとかしてよと頼まれるが、冗談まじりに受け流す。オトリ捜査を行っていた毛利に偶然出会い、暴行事件の情報を聞く。後日、波峰が襲われたことを知って、毛利に頼んでオトリ捜査に参加する。

吉波志摩(よしなみしま)
暴行事件の被害者。24歳の女性。何者かに夜道で突然襲われ、スタンガンで気絶させられた上で、暴行及び金品を強奪された。

轟(とどろき)
学園の校長。暴行事件の多発を受けて緊急の朝礼を開き、生徒達に注意を呼びかける。

若島津ゆりか(わかしまづゆりか)
轟校長の朝礼の話を聞いて、暴行事件の事を知る。マーニーになんとかしてよと頼む。

波峰りあ(なみみねりあ)
マーニー達の友達。ドクロの髪止めが特徴。夜道で暴行されそうになったが逃げ切った。後日、マーニーにその時の話を電話で伝える。

毛利(もうり)
刑事の男性。女装した男性の部下を使って、オトリ捜査をしていた。マーニーに頼まれて、暴行事件の情報を教える。

パパ
自宅でマーニーが暴行事件について調べているところに声をかける。マーニーは忙しそうなので、一人で外に飲みに出かける。


名探偵マーニーのあらすじ一覧
PR

2013/10/22 20:53 | Comments(0) | あらすじ

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<第六十一話のあらすじ | HOME | サイト開設1周年!>>
忍者ブログ[PR]