忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/21 18:58 |
第五十四話のあらすじ
file54「トイレの友」
不良(スティンガー)グループの一員の財津には、お互い顔も名前も知らないまま、色々と話し合っていた「トイレの友」がいるという。最近になって、彼が突然姿を現さなくなったのを心配した財津の依頼を受けて、マーニーは調査を開始する。

今回の登場人物
マーニー
不良(スティンガー)グループの財津に呼び出される。財津の相談に乗ってくれた「トイレの友」を探すように依頼を受ける。

財津(ざいつ)
不良(スティンガー)グループの一員。学園では「狂犬財津」と呼ばれ、恐れられている。仲間に命じて、マーニーを探していた。マーニーと話をするため、一年B組の教室に呼びに行く。祖父が死んだりして精神的に参っている時期があり、トイレで泣いていることもあった。そこで偶然知り合った「トイレの友」と何度か話をしていたが、突然姿を現さなくなったのを心配して、マーニーに調査を依頼する。

トイレの友
財津が体育館近くの男子トイレの個室で泣いていた時、隣の個室から話しかけてきた人物。財津とはお互い顔も名前も知らないまま、色々と話し合っていた。

若島津ゆりか(わかしまづゆりか)
財津との話し合いから戻ってきたマーニーに声をかける。マーニーから事情を聞き、もし失敗したらガバーだとおどす。

宮島小百合(みやじまさゆり)
生活指導を担当している女性教師。体育館近くの男子トイレの前でキョロキョロしているマーニーを不審に思い、声をかける。マーニーから事情を聞き、男子トイレの入り口前にカメラを設置するのを許可する。マーニーが入学するより昔から「トイレの友」の噂があったことを、マーニーに話す。

白鳥(しらとり)
マーニーの先輩。三年生。世話焼きの三年生に聞き込み調査をしようと考えたマーニーが、最初に当たった人物。彼女が一年生だったころ、便所メシをしていた学生の相談を聞いていた「トイレの友」の噂があったことを、マーニーに話す。

紅丸(べにまる)
学園の男性教師。「トイレの友」の噂は十年位前からあったことを、マーニーに話す。

万田(まんだ)
学園の副校長。正午ごろ、体育館近くの男子トイレに入っていく姿が監視カメラに映っていた。

轟(とどろき)
学園の校長。パンチパーマで、恰幅の良い男性。



名探偵マーニーのあらすじ一覧
PR

2013/09/10 06:59 | Comments(0) | あらすじ

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<第五十五話のあらすじ | HOME | 単行本5巻は9月6日発売!>>
忍者ブログ[PR]