忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/27 20:00 |
第三十四話のあらすじ
file34「小さな依頼人」
街中で少女に突然「オバサン」呼ばわりされて困惑するマーニー。その少女・町名は、以前手助けした少年探偵・久儀の彼女だという。マーニーは町名から、彼女の家に届けられる不審な手紙の調査を依頼される。

今回の登場人物
マーニー
街中で少女に突然「オバサン」呼ばわりされて困惑する。すぐにその場を離れようとするが、町名に引き止められる。町名から、家に届けられる不審な手紙の調査を依頼される。

町名葉香(まちなようか)
初対面のマーニーを「オバサン」呼ばわりする口の悪い女子小学生。久儀の彼女。久儀が忙しくて、なかなかかまってもらえないことに不満を持っている。二か月位前から不審な手紙が家に来る事を不思議に思い、久儀に相談しようとしたが相手にしてくれないので、マーニーに調査を依頼する。

久儀良太郎(くぎりょうたろう)
テレビで人気の小学生探偵。帽子がトレードマーク。マーニーのことを「師匠」と呼び、慕っている。

町名の祖母
町名の祖母。老化のため、誰を見ても自分の娘である「マリ子」だと思ってしまうため、訪問してきたマーニーをマリ子だと勘違いした。

本泉耕作(もといずみこうさく)
肝臓の機能低下による長期入院中の男性。68歳。


名探偵マーニーのあらすじ一覧
PR

2013/04/07 17:46 | Comments(0) | あらすじ

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<第三十五話のあらすじ | HOME | 第三十三話のあらすじ>>
忍者ブログ[PR]